ジャン=バティスト・コルベール
ジャン=バティスト・コルベール(フィリップ・ド・シャンパーニュ画)©Public Domain

ジャン=バティスト・コルベール

/ /

ジャン=バティスト・コルベール (A.D.1619〜A.D.1683) フランスの政治家。ランスの毛織物商の出身で、ジュール・マザランに認められ中央政界入りを果たす。フーケを失脚させ、新設された財務総監に就任。1669年には海軍卿を兼ねるなど、幅広い分野に絶大な権力を握り、事実上の宰相としてルイ14世の治世を支えた。