ジャン=ポール・マラー
ジャン=ポール・マラー(WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

ジャン=ポール・マラー


Previous Post

Next Post

ジャン=ポール・マラー Jean-Paul Marat( A.D.1743〜A.D.1793)

フランス革命下層民の立場にたつ山岳派の革命家。国民公会で指導権を握りジロンド派追放を主導した。そのためジロンド派支持者のシャルロット=コルデに刺殺された。

ジャン=ポール・マラー

下層民の立場にたつ山岳派の革命家。国民公会で指導権を握りジロンド派追放を主導した。そのためジロンド派支持者のシャルロット=コルデに刺殺された。

¥946 (2021/08/04 10:40:51時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634033046

欧米における近代社会の成長

フランス革命とナポレオン

立憲議会の成立と戦争の開始

1791年10月、新憲法による選挙で一院制の立法議会が成立した。立法議会では右翼に立憲君主派のフイヤン派が、左翼に共和政を主張するジャコバン派が陣どっていた。多数の中間派は情勢に左右された。フイヤン=クラブを背景とするフイヤン派はラ=ファイエットバルナーヴ(1761〜93)らが指導していた。ジャコバン修道院に本拠をおくジャコバン派には小市民を支持基盤とする左派と、中産市民層を代表する穏和派がいた。ジャン=ポール・マラー(1743〜93)・ダントン(1759〜94)・ロベスピエール(1758〜94)らに指導される左派は議会の最左翼の高い所の議席を占めていたので、モンターニュ派山岳党)と呼ばれた。穏和派はジロンド県出身議員が多く、のちジロンド派 としてジャコバン派から分離し、両者は対立するようになった。

フイヤン派:1791年、ジャコバン=クラブから分離した立憲君主派が、パリのフイヤン修道院に集まりつくったクラプのメンパー。ラ=ファイエットやバルナーヴらが所属していた。
ジロンド派:主として商工業ブルジョワジーを代表する党派。指導者にジロンド県選出の議員が多くいたことからこの名で呼ばれる。ブリッソ・コンドルセ・ヴェルニョなどが所属していた。
モンターニュ派(山岳党)の独裁と恐怖政治
戦争と共和制図
戦争と共和制図 ©世界の歴史まっぷ

独裁権を握ったモンターニュ派は、亡命者財産の売却、共有地分割法などで土地を農民に分配し、1793年憲法を制定し、封建的諸特権の無償廃止を決定した。1789年の封建的諸特権廃止では、封建地代は有償で廃止することになっていた。1793年憲法はジャコバン憲法とも呼ばれ、革命期の憲法のなかでもっとも民主的な内容をもつもので、人民投票で採択が決められた。しかし、革命権まで保障したこの憲法は、平和が到来するまで実施が延期されることになり、結局実施されずに終わった。政治的・経済的危機は続いていた。地方都市ではジロンド派の蜂起がおこなわれ、対仏大同盟の軍隊はフランスに侵入し、国民総徴用令がだされた。インフレや小麦の不足も深刻であった。

1793年7月13日、モンターニュ派の有力指導者マラーが暗殺された。犯人の若い女性シャルロット=コルデーはジロンド派の同調者であった。危機に対応するための非常措置が強化され、恐怖政治が組織された。公安委員会には、ロベスピエールが入り、権限が強化され、強力な独裁政治の執行機関となった。反革命容疑者の逮捕、裁判の促進がはかられ、革命委員会はあらかじめ容疑者のリストを作成した。

¥2,750 (2021/08/04 10:39:35時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634030888

マラーの死

マラーの死
マラーの死(ジャック=ルイ・ダヴィッド画/ベルギー王立美術館蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

歴史画の傑作とされる「マラーの死」。ジャコバン派の革命家マラーが、ジロンド派の女性により暗殺された場面が描かれている。

持病の皮膚病が悪化。活動不能となり自宅にこもって1日中入浴して療養していた。1793年、面会に来たジロンド派支持者のシャルロット・コルデーに暗殺された。暗殺後、現場で画家ジャック=ルイ・ダヴィッドが有名な『マラーの死』を描いている。ジャコバン派の盟友マクシミリアン・ロベスピエールによって神格化され、ジロンド派への弾圧強化の口実となった。遺体は「革命の殉教者」としてパンテオンに埋葬されたがテルミドールのクーデター後に取り除かれた。

参考: Wikipedia

広告
Previous Post

Next Post