ジョージ1世(イギリス王)
ジョージ1世(イギリス王)(ゴドフリー・ネラー 画/ナショナル・ポートレート・ギャラリー蔵)©Public Domain

ジョージ1世(イギリス王)


ジョージ1世(イギリス王)( A.D.1660〜A.D.1727)

  • グレートブリテン王国ハノーヴァー朝初代国王(在位1714年8月1日 - 1727年6月11日)兼
  • アイルランド国王(在位1698年1月23日 – 1727年6月11日)兼
  • 神聖ローマ帝国ハプスブルク朝ハノーファー選帝侯(ゲオルク1世)(在位1698年〜1727年)

54歳で即位したドイツ人のジョージ1世は英語が話せなかったこともあり、国王は「君臨すれども統治せず」という原則が確立した。ホイッグ党のロバート・ウォルポール首相のもとで、内閣が議会に責任を負う責任内閣制が成立した。

ジョージ1世(イギリス王)

「国王は君臨すれども統治せず」の始まり

アン(イギリス女王)が嫡子のないまま崩御したため、ドイツから迎えられたジョージ1世(イギリス王)ハノーヴァー朝を創始した。ハノーヴァー家は、ステュアート朝初代ジェームズ1世(イングランド王)の娘が嫁いでから血縁関係のある、ドイツの名門であった。しかし、54歳で即位したジョージ1世は英語を理解せず、イギリス国政にも関心をもたなかった。ロバート・ウォルポールに政治を委ね、自身は大半をドイツで過ごした。イギリス議会の王室に対する優位性はすでに進んでいたが、ジョージ1世の治世で「国王は君臨すれども統治せず」が決定的となった。
ゾフィア・ドロテア・フォン・ブラウンシュヴァイク=リューネブルク
ゾフィア・ドロテア・フォン・ブラウンシュヴァイク=リューネブルク(Jacques Vaillant画/Bomann-Museum蔵)©Public Domain

ジョージ1世(イギリス王)の妃ゾフィー・ドロテア・フォン・ツェレは絶世の美女として有名。王は、ゾフィーの貴族との姦淫を疑い、死ぬまで32年間幽閉した。王にも愛人が2名いたが、いずれも美人とはいえなかったという。

イギリスの現在の王朝はウィンザー朝。実態はハノーヴァー朝で、名称を変えただけである。ドイツが第一次世界大戦で敵国となって以来、王宮のある地名にちなんで改称したものである。
¥1,128 (2021/09/24 21:12:43時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4791620615

責任内閣制の端緒を開く

ハノーヴァー選帝侯エルンスト・アウグストとジェームズ1世(イングランド王)の孫娘との間に生まれ、アン(イギリス女王)の死とともに、ハノーヴァー朝(ウィンザー朝)の初代王として即位する。それ以前、彼にはアン(イギリス女王)との間に縁談が持ち上がったが、アンの方がこれを嫌ったため破談になったという経緯があった。即位したとき、ジョージ1世(イギリス王)はすでに54歳という当時としては高齢の部類。イギリスの政治事情に不案内なうえ、英語もあまり得意ではなかったことから、ドイツから連れてきた側近だけに頼る政治を批判されてからは、閣議にもほとんど出席せず、有力な閣僚に内閣を任せきりにした。

¥2,640 (2021/09/24 23:10:26時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4418122370

ヨーロッパ主権国家体制の展開

イギリス立憲政治の発達

王政復古から名誉革命へ

1714年にアン(イギリス女王)(位1702〜1714)が死去し、ステュアート朝が絶えると、ドイツのハノーヴァー選帝侯がジョージ1世(イギリス王)(位1714〜1727)として迎えられ、ハノーヴァー朝(1714〜1917)が成立した(この王朝は、のちにイギリス風にウィンザー朝と名称を変え、現在にいたっている)。40歳をすぎてイギリスにきた王は英語が話せなかったこともあり、国王は「君臨すれども統治せず」という原則が確立した。ホイッグ党のロバート・ウォルポール首相(任1721〜1742)のもとで、内閣が議会に責任を負う責任内閣制が成立したのである。

王政復古から名誉革命へ – 世界の歴史まっぷ

詳説世界史研究

子女

妻ゾフィー・ドロテア・フォン・ツェレとの間で2人の子女をもうけている。

参考 Wikiwand

広告