ジンフェルグラハト内部の17世紀の環状運河地区
ヘーレン運河「黄金の湾曲(Gouden Bocht)」(ヘリット・ベルクヘイデ画/アムステルダム国立美術館蔵) ©Public Domain

アムステルダム中心部: ジンフェルグラハト内部の17世紀の環状運河地区

アムステルダム中心部: ジンフェルグラハト内部の17世紀の環状運河地区 アムステルダムの中心部にある環状運河地区は、新しい港湾都市プロジェクトとして16世紀末から17世紀初頭にかけて運河網が整備された。運河はアムステルダム旧都市街から一番外側の運河「ジンフェルグラハト」まで扇状に広がっており、運河間の泥沢地から排水して干拓した土地に市街地を広げていった。運河沿いには切り妻屋根をもつ均質的な建物が立ち並び、港から入った物資は運河を通って街の隅々にまで運ばれた。アムステルダムの急速な拡大は、大規模な都市計画の見本として、19世紀まで世界の都市計画に影響を与えた。