スピアン・トマ
スピアン・トマ @Wikimedia Commons

スピアン・トマ

/ /

スピアン・トマ カンボジアの世界遺産「アンコール遺跡」にある「石の橋」(スピアンは「橋」、トマは「石」の意)として知られ、タ・ケウの西に位置する。現在に残るいくつかのクメール王朝時代の橋の1つである。 アンコール・トムと東バライの間にあるシェムリアップ川の手前の小道に造られ、多くの再利用された砂岩のブロックを含んでいることから、おそらくはクメール時代(15世紀頃)の後、16世紀中頃に再建されたものである。

世界遺産情報

スピアン・トマ

カンボジア
宗派
ヒンドゥー教
登録区分
文化遺産
登録名
アンコール遺跡