モスクワ大公国 ブルガリア帝国 セルビア王国(中世) 南スラヴ人の動向 後期ビザンツ帝国 1360年ころの東ヨーロッパ地図
1360年ころの東ヨーロッパ ©世界の歴史まっぷ

セルビア王国(中世) (A.D.1171〜A.D.1346) 南スラヴ人の一派であったセルビア人がバルカン半島西部に形成した王国。12世紀後半ネマニッチ朝を創始したステファン・ネマニャによりビザンツ帝国からの独立を達成。14世紀前半のステファン・ウロシュ4世ドゥシャンの時代に最盛期に達し、セルビア教会は大主教座から総主教座に昇格、領土はスコピエを都とするセルビアのほかに、アルバニア・マケドニア・ギリシアの一部にまでおよんだ。