アンティパトロス朝 プトレマイオス朝 ヘレニズム時代 セレウコス朝 ディアドコイ戦争 紀元前300頃の西アジア地図
紀元前300頃の西アジア地図 ©世界の歴史まっぷ

セレウコス朝 (紀元前312年-紀元前63年) 首都:アンティオキア アレクサンドロス3世のディアドコイのひとり、セレウコス1世ニカトルがオリエント地方に築いた王国。ヘレニズム3国のひとつ。 紀元前3世紀、イラン系のパルティアが東方で自立し、北方のバクトリアや小アジアのペルガモンも独立し、セレウコス朝は次第に領土が縮小し衰退していき、前63年にローマのグナエウス・ポンペイウスによって滅ぼされた。