パリセーヴル条約 講和会議とヴェルサイユ条約
セーヴル条約によるオスマン帝国の分割地図 ©世界の歴史まっぷ

セーヴル条約 (A.D.1920)

第一次大戦後の連合国とオスマン帝国の講和条約。イラク・パレスチナ・シリア全域とアラビア半島の放棄、イスタンブルと隣接地以外のギリシアへの割譲、治外法権の存続、財政の連合国共同管理などを定めた。ケマル=アタテュルク率いるアンカラ政府は受諾を拒否し、ギリシア=トルコ戦争の勝利後、1923年にローザンヌ条約を結び、セーヴル条約 を破棄した。