ソロン
ソロンと称される胸像 (ナポリの国立博物館所蔵) ©Public domain

ソロン


Previous Post

ソロン Solon 紀元前640年頃 – 紀元前560年頃

ソロン

貴族と平民の調停をはかったアテネの執政官。ギリシア七賢人の一人。前594年に改革を断行したが、貴族・平民の両者から非難され、引退した。

ソロンの財産政治
ソロンの財産政治
¥946 (2021/09/27 20:48:20時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634033046
アテネ 古代ギリシア史 1 エーゲ文明〜ヘレニズム時代
アテナイ民主政への歩み

社会の改革を目指す

アテネの政治家、立法者、詩人。「ソロンの改革」で有名。当時、貧富の格差が広がっていたため、借金の帳消しや市民を財産によって4等級に分け権利に差をつけること、「ドラコンの法」の改正、400人評議会の設置などの改革を行おうとした。しかし、改革は不評で失敗した。

¥1,172 (2021/09/27 21:16:10時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4791620615

アテネ 4民族制

党名居住地居住者
平地党平地地主
海岸党海岸商人
山地党山地小作人

興望を担った調停者

アテネの国制は貴族政から民主政へと変わった。その過渡期に現れたのがソロンである。当時のアテネでは、貴族・富裕者と平民との間に深刻な亀裂が生じていた。前594年にアルコン(最高級の役人)に選ばれたソロンは、まず「重荷おろし」と総称される一連の新法によって借財の帳消しに踏み切る。また、身体を抵当にした貸金を禁じた。ついで国政の改革に着手し、財産政治とよばれる、財産を基準にして市民の政権参与の大きさを定める法を制定した。改革は度量衡から貿易、市民権、家族法まで実に多岐に及んだ。

¥2,640 (2021/09/27 22:08:02時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4418122362
広告
Previous Post