チャンドラグプタ1世
チャンドラグプタ1世とサムドラグプタ @Wikipedia

チャンドラグプタ1世

/ /

チャンドラグプタ1世 (330年頃) グプタ朝創始者(在位320年〜335年)。ガンジス川中流域の有力諸侯で、同地方の名家の娘と結婚し王位の正統性公認された。パータリプトラ(現パトナ)を首都にインド北東部を支配。「諸王のなかの大王」と称し、即位年を紀元とする新暦を作成。