トマノン
トマノン @Wikipedia

トマノン

/ /

トマノン カンボジアの世界遺産「アンコール遺跡」において、チャウ・サイ・テヴォーダと1対となるスーリヤヴァルマン2世(在位1113-1150年)の統治中に建てられたヒンドゥー教寺院のうちの1つである。 この小さいが洗練された寺院は、アンコール・トムの勝利の門からおよそ500メートル東、チャウ・サイ・テヴォーダのすぐ北に位置する。 寺院はシヴァおよびヴィシュヌに捧げられている。

世界遺産情報

トマノン

カンボジア
宗派
ヒンドゥー教
登録区分
文化遺産
スタイル
クメール建築 アンコール・ワット様式
登録名
アンコール遺跡