トラスタマラ家
トラスタマラ家紋章 @Wikipedia

トラスタマラ家

トラスタマラ家 イベリア半島を発祥とする王家。14世紀から16世紀にかけて、イベリア半島(カスティーリャ王国アラゴン王国ナバラ王国など)、南イタリア(シチリア王国、ナポリ王国)を支配した。

トラスタマラ家

カスティーリャ系

家名のトラスタマラは、始祖であるカスティーリャ王エンリケ2世(生没年:1333年 – 1379年)が即位前にトラスタマラ伯であったことに由来する。
エンリケ2世はブルゴーニュ(イヴレーア)家(ブルゴーニュ(カスティーリャ))のアルフォンソ11世(カスティーリャ王)の庶子であったが、第一次カスティーリャ継承戦争において嫡子である異母弟ペドロ1世(カスティーリャ王)を倒し、1369年に王位に就いた。
カスティーリャ王位はその後フアン1世(カスティーリャ王)(1358年 – 1390年)からエンリケ3世(カスティーリャ王)(1379年 – 1406年)、そしてその子孫へと継承された。

アラゴン系

一方、エンリケ3世の弟フェルナンド1世(アラゴン王)(1380年 – 1416年)は、母方の伯父であるバルセロナ家のマルティン1世(アラゴン王)に嗣子がなかったことから、1412年にアラゴン王に選ばれ、併せてシチリア王位も継承した。
その子アルフォンソ5世(アラゴン王)(1396年 – 1458年)はナポリ王国を1442年に獲得した。アルフォンソ5世(アラゴン王)には嫡子がなかったため、アラゴンとシチリアの王位は弟フアン2世(アラゴン王)(1397年 – 1479年)が継承したが、ナポリの王位は庶子フェルディナンド1世(ナポリ王)(1423年 – 1494年)の家系に継承された。

ナポリ系

フアン2世(アラゴン王)はまた、これに先立つ1425年に妃ブランカ1世(ナバラ女王)がナバラ王位を継承したことで、自身もナバラ王となった。しかし、2人の末娘レオノール(ナバラ女王)(1426年 – 1479年)の死後、ナバラ王位は一旦トラスタマラ家から離れた。

統一

これらの諸国は、カトリック両王と称されたイサベル1世(カスティーリャ女王)(1451年 – 1504年)とフェルナンド2世(アラゴン王)(1452年 – 1516年)の結婚、およびフェルナンド2世(アラゴン王)の征服によって大部分が統合された。また、両王の下でグラナダ王国が征服され、レコンキスタが終焉を迎えた。
このうちイベリア半島の諸国から、今日に至るスペイン王国が形成された。
一方、南イタリアはフェルナンド2世(アラゴン王)以降、ナポレオン戦争の時代を除いて一人の君主の下に治められるようになった。そして海外植民地や南イタリアの諸国も含めて、両王の娘フアナ(カスティーリャ女王)(1479年 – 1555年)の長男であるハプスブルク家のカルロス1世(神聖ローマ皇帝カール5世)に受け継がれ、スペイン・ハプスブルク朝が成立する。

参考 Wikipedia

トラスタマラ家で王位についた人物

トラスタマラ家王位についた人物
トラスタマラ家王位についた人物 ©世界の歴史まっぷ
広告