ドイツ観念論
ドイツ観念論の哲学者(カント、フィヒテ、シェリング、ヘーゲル)(画像出典:Wikipedia

ドイツ観念論

/

ドイツ観念論 18世紀後半〜19世紀初めにドイツで主流となった哲学。精神的なものを世界の根底に実在するものと考える、観念論哲学の一つ。カントに始まり、フィヒテ、シェリングによって継承されヘーゲルが弁証法哲学を提唱し完成した。