ヴェネツィアのドゥカーレ宮殿
ヴェネツィアのドゥカーレ宮殿

ドゥカーレ宮殿

/ / / /

ドゥカーレ宮殿 (Palazzo Ducale) ヴェネツィア共和国の総督邸兼政庁であった建造物。8世紀に創建され、14世紀(1309年)-16世紀にかけて現在の形に改修された。サン・マルコ広場に面して建造され、運河を隔てて対岸の牢獄跡と、ため息橋で結ばれている。外観はゴシック風のアーチが連続し、イスラム建築の影響も見られる細やかな装飾が施されている。世界遺産「ウルビーノ歴史地区」「ヴェネツィアとその潟」に登録されている。