ニカの乱 アヤソフィア
アヤソフィア @Wikipedia

ニカの乱

ニカの乱 (532年) 東ローマ帝国の首都コンスタンティノープルで、戦車レースの時に起きた皇帝・ユスティニアヌス1世に対する反乱。「ニカ! (勝て!) 」を合言葉に、一週間に渡り続いた暴動は首都の半分近くが消失もしくは破壊された。大聖堂 (のちのハギア・ソフィア ) 、ゾイクシポス浴場、王宮の一部などに放火し、先帝アナスタシウス1世の甥を反対皇帝に選出、首都は一時無政府状態に陥った。退位を決意した皇帝は皇妃テオドラの激励によりこれを思いとどまり、将軍ベリサリウスが近衛隊を指揮し暴徒を鎮圧した。