ニカイア帝国
第4回十字軍後のビザンツ帝国。(ラテン帝国、ニカイア帝国、トレビゾンド帝国、エピロス帝国)。 国境は明確ではない。©Wikipedia

ニカイア帝国

/

ラテン帝国

東ローマ帝国パレオロゴス朝

ニカイア帝国 (A.D.1204〜A.D.1261) 1204年ヴェネツィアと第4回十字軍によりビザンツ帝国の首都コンスタンティノープルが占領され、ラテン帝国が建国された際、ビザンツの残存勢力のうち、ニケーアに建てた独立政権。コンスタンティノープル陥落の直前に即位したコンスタンティノス・ラスカリスの弟テオドロス1世ラスカリスが建国(東ローマ帝国ラスカリス朝)。1261年専制公だったミカエル8世パレオロゴスがコンスタンティノープルを奪回し、ビザンツ帝国を再興した(帝国最後のパレオロゴス朝)。