ローマ・カトリック教会の成長 ヌルシアのベネディクトゥス
ヌルシアのベネディクトゥス (ジョヴァンニ・ベリーニ画/サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ聖堂) @Wikipedia

ヌルシアのベネディクトゥス

Previous Post

ヌルシアのベネディクトゥス (480年〜547年)
中世のキリスト教の修道院長で、西方教会における修道制度の創設者と呼ばれ、「ベネディクトゥスの戒律」は西ヨーロッパに広く普及し、「西欧修道士の父」と称された。
カトリック教会・聖公会・ルーテル教会および正教会で聖人。ベネディクトやベンディクトとも表記され、イタリア語ではベネデット、正教会ではノルシヤの克肖者聖ベネディクトと称される。
529年ころイタリアのローマとナポリの間にあるモンテ・カッシーノに修道院を設け、540年ころベネディクトゥスの戒律)を定めて、共同で修道生活を行った。彼の戒律に従った修道会の一つをベネディクト会と呼ぶ。

Previous Post