ハトシェプスト女王葬祭殿
ハトシェプスト女王葬祭殿

ハトシェプスト女王葬祭殿

Previous Post

Next Post

ハトシェプスト女王葬祭殿 エジプト・ルクソール西岸にある古代エジプト唯一人の女性ファラオ・ハトシェプストが造営した葬祭殿。世界遺産「古代都市テーベとその墓地遺跡」に登録されている。
ハトシェプストの側近で建築家センムトが設計を行った。後にトトメス3世によって壁画や銘文が削られるなど一部破壊を受けた。手前にはメンチュヘテプ2世の王墓があり、あわせて、デル・エル・バハリとも呼ばれている。
1997年11月、ルクソール事件の現場となり外国人58人を含む62人が亡くなる事件が発生し、その中には多くの日本人新婚旅行者も含まれた。

情報

施工: 紀元前15世紀 エジプト中王国・第11王朝 メンチュヘテプ2世(Mentuhotep II)から

ハトシェプスト女王葬祭殿の壁画

古代エジプト美術 ハトシェプスト女王葬祭殿
象形文字の装飾 Source: Wikipedia
広告
Previous Post

Next Post