ハルシャ・ヴァルダナ
606〜647年頃のハルシャ・ヴァルダナのコイン Wikipedia

ハルシャ・ヴァルダナ

/ / / /

Previous Post

ハルシャ・ヴァルダナ (戒日王) (A.D.590頃〜A.D.647)

ヴァルダナ朝創始者(在位606年 - 647年)。グプタ朝の崩壊後、分裂していた北インドを再統一、都をカニヤークプジャ(カナウジ)におき、諸王侯のうえに君臨するという封建的体制を採用し統治した。ヒンドゥー教・仏教を保護し、文芸・学問を奨励、みずからもサンスクリット語のすぐれた戯曲や詩を書いた。ナーランダー僧院で仏教を学んだ中国僧の玄奘げんじょうを厚遇し、旅行記『大唐西域記』に国内の平和と繁栄の模様が記されている。ハルシャと太宗(唐)との間には使節の交換がおこなわれた。

Previous Post