ハンザ同盟
リューベックとハンブルクの同盟の創設 Wikipedia

ハンザ同盟 13世紀から17世紀まで存続した北ドイツの都市同盟。北海・バルト海貿易で活動する商人たちの間に自然発生的にできた仲間団体(ハンザとは「商人の仲間」の意味)が原型で、加盟市に対する規制力も弱かった。独立した中世都市が、人口・規模に勝る皇帝や諸侯の軍事的圧力に対抗し共同の利益確保のため形成した。最盛期は14世紀で、リューベックを盟主にハンブルク・ブレーメン・リューネブルク・ケルン・ダンツィヒなど加盟市は100を超えた。