バスティーユ牢獄襲撃
バスティーユ牢獄襲撃(ジャン=ピエール・ウエル画/ビブリオテーク・ナショナル蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

バスティーユ牢獄襲撃

/

バスティーユ牢獄襲撃 Bastille (1789.7.14) フランス革命最初の虐殺事件。武器・弾薬などを求めるパリの民衆が絶対王政の象徴とされたバスティーユ牢獄を襲撃・占拠・虐殺。革命に民衆が介入した事件は地方にも波及し、大恐慌は全国に広がった。