バビロン捕囚
バビロン捕囚 (ジェームズ・ティソ作) ©Public domain

バビロン捕囚

/

Previous Post

Next Post

バビロン捕囚 紀元前597年、新バビロニアの王ネブカドネザル2世がユダ王国を滅亡させた際、ユダ王国のユダヤ人の一部をバビロニア地方へ捕虜として強制移住させた事件。ユダ王国滅亡後2回から3回に渡って行われた。紀元前539年、アケメネス朝ペルシアがバビロニアを滅ぼし、ペルシア王キュロス2世によってユダヤ人は解放される。 バビロンのユダヤ人たちは過酷な奴隷生活の中で宗教的な繋がりを強めユダヤ教を確立する。

Previous Post

Next Post