ヒクソス
クヌムホテプ2世の墓にある外国の代表団の絵 前1900年頃(Credit: Macquarie University)

ヒクソス


ヒクソス Hyksos (紀元前1782年頃 – 紀元前1570年頃)

中王国末期にエジプトへ流入し、王朝を建てたアジア系民族。シリア方面から徐々に移住し、前17世紀に(第2中間期)第15王朝を建てた。彼らがエジプトに馬・戦車をもたらし、西アジアとの関係を緊密化させた。

ヒクソス

中王国末期にエジプトへ流入し、王朝を建てたアジア系民族。シリア方面から徐々に移住し、前17世紀に第15王朝を建てた。彼らがエジプトに馬・戦車をもたらし、西アジアとの関係を緊密化させた。

¥946 (2021/09/16 20:42:03時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634033046

オリエントと地中海世界

古代オリエント世界

エジプト統一王国の形成と展開
第2中間期

都のおかれたテーベは、以後長くエジプトの政治・宗教の中心として栄えた。前17世紀初頭、シリア方面から異民族のヒクソスが侵入し、デルタ地帯を中心にエジプトを1世紀あまり支配した。ヒクソスはセム語系を中心とする西アジア系の遊牧民集団で、先に述べたインド=ヨーロッパ語系民族の進出に押されて、エジプトにも移動したと考えられている。彼らによって戦車がエジプトにも伝えられた。このヒクソス支配時代を第2中間期と呼ぶ。

インド=ヨーロッパ語族の移動
インド=ヨーロッパ語族の移動
古代オリエント 紀元前2000年紀 2
古代オリエント 紀元前2000年紀 2
広告