ヒポクラテス
ヒポクラテス (1638-ピーテル・パウル・ルーベンス作版画/アメリカ国立医学図書館所蔵) ©Public domain

ヒポクラテス


Previous Post

Next Post

ヒポクラテス(ヒッポクラテス) (Hippocrates) B.C.460〜B.C.375

小アジアのコス島出身の医学者。「西洋医学の祖」と称される。四体液説をとなえ、その変調が病気であるとし、呪術的ではない科学的なちりょうをおこなった。

ヒポクラテス

小アジアのコス島出身の医学者。「西洋医学の祖」と称される。四体液説をとなえ、その変調が病気であるとし、呪術的ではない科学的なちりょうをおこなった。

¥946 (2021/09/27 20:48:20時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634033046

生誕: 紀元前460年頃 コス島
死没: 紀元前370年頃 テッサリア地方 ラリサ
教育: アスクレピオス神殿
著名な実績: 医学の科学への発展
職業: 医師

科学的な医学を始めた「医学の父」

ヒポクラテスは、医師の子として、小アジア沿岸に近いコス島で生まれた。父から医学の手ほどきを受けた後、クニドス(現 トルコ)の医学校で学んだ。
その後各地を渡り歩いたと言われるが、生涯について詳しいことは不明である。
「医学の父」と呼ばれたヒポクラテスの功績は、医学を原始的な呪術じゅじゅつや迷信から切り離し、病気の原因を科学的に究明しようとしたところにある。
自然環境や政治環境が病気に及ぼす影響を重視し、臨床に際しては自然治癒力や食事を重んじた。
著書には「ヒポクラテス全集」「人間の自然性について」などがある。

名言

「人生は短く、技芸は長し」

¥1,172 (2021/09/27 21:16:10時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4791620615
広告
Previous Post

Next Post