ピタゴラス
ピタゴラス 像(ローマ・カピトリーノ美術館) ©Galilea

ピタゴラス

Previous Post

ピタゴラス 紀元前582年 – 紀元前496年 哲学者・数学者・宗教家。教団をつくり、霊魂の不滅、輪廻転生りんねてんせいを信じ、万物の根源は数であるとの立場から数学を研究。「ピタゴラスの定理」を発見し、幾何学の発展の基礎を築いた。 その思想はプラトンらに影響を及ぼし、音階理論や地動説にも業績を残した。神秘主義的要素も含む。イオニアのサモス島出身。

Previous Post