フォントヴロー修道院
フォントヴロー修道院 (2005-©Pierre Mairé, PixAile.com)

フォントヴロー修道院


フォントヴロー修道院
フランス・メーヌ=エ=ロワール県フォントヴロー=ラベ近郊にある修道院。1101年、フォントヴロー修道会の創設者である、巡回説教師ロベール・ダルブリッセルによって創建された。
ヘンリー2世(イングランド王)と王妃アリエノール・ダキテーヌらの墓がある。フランス革命で放逐され、刑務所となった後フランス文化省管轄となった。世界遺産「シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷」に登録。

フォントヴロー修道院

特徴

修道院にはヘンリー2世(イングランド王)と王妃アリエノール・ダキテーヌの墓、2人の子・リチャード1世(イングランド王)とシチリア王・グリエルモ2世妃・ジョーン・オブ・イングランド、ジョーン・オブ・イングランドが2度目の夫、トゥールーズ伯・レーモン6世との間に生んだ息子・トゥールーズ伯・レーモン7世の墓、ジョン(イングランド王)の妃イザベラ・オブ・アングレームの墓がある。

彼らの遺体は、おそらくフランス革命時に破壊されました。1793年からフランス政府の命令によりサン=ドニ大聖堂同様にフランス国王の遺体は削除されました。

アンリエットルイーズ・ド・ブルボン、ルイ14世との孫娘マダム・ド・モンテスパンは、ここで育った。フランスの王女テレーズ、ルイ15世の娘が、またそこに埋葬されています。

その他

ジャン・ジュネは、33歳の時にフォントヴローへ収監されたときの経験を半自伝的小説『薔薇の奇蹟』に書いた。

¥190 (2021/10/18 23:25:32時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: B00I0NFTP0
広告