フリギア エラム イリュリア アッシリア 紀元前10世紀前後のオリエント地図
紀元前10世紀前後のオリエント地図 ©世界の歴史まっぷ

フリギア

/ /

Previous Post

Next Post

フリギア (Phrygia): 現在のトルコの中西部に存在した地域・王国名。ヒッタイト滅亡後トラキア方面から侵入したフリギア人が王国を建て、前8世紀を中心に栄えた中央アナトリア北西部地域。王国は前7世紀初キンメリア人の侵略により崩壊し、その後リディア王国の支配下に入った。 フリギア人(Phrygians): インド・ヨーロッパ語族のフリギア語を話す人々。ヨーロッパから紀元前12世紀頃移住してこの地域を支配し、紀元前8世紀に王国を建てた。紀元前7世紀末頃キンメリア人の支配に屈し、その後隣接するリディア、さらにペルシャ、アレクサンドロス3世(大王)とその後継者たち、そしてペルガモン王国に支配されたのち、ローマ帝国領内の地域名として名を残した。フリギア語は6世紀頃まで残った。

Previous Post

Next Post