レザノフ フヴォストフ事件
クルーゼンシュテルン提督が率いるロシア船の図(画像出典:国立公文書館 デジタルアーカイブ

フヴォストフ事件

/

Previous Post

Next Post

フヴォストフ事件 (文化露寇) (1806(文化3)年・07(文化4)年) 通商要求を拒絶されたレザノフの部下が中心となっておこしたロシア軍艦による襲撃事件で、文化露寇とも呼ばれる。1806年に樺太、07年に択捉・利尻島を襲撃。1807年、幕府は防備を強化し、ロシア船打払令を公布した。

Previous Post

Next Post