プラサット・バイ
プラサット・バイ @Wikipedia

プラサット・バイ

/ /

プラサット・バイ 10世紀に、ヤショヴァルマン1世(在位889-910年)によってシヴァ神に捧げられたヒンドゥー教寺院であり、カンボジアにある世界遺産「アンコール遺跡」のうち、アンコール・トムに入場する南大門の西側にあり、バクセイ・チャムクロンの北西に位置する。 プラサット・バイは、その名(「バイ」はクメール語で3)のとおり3つの塔により構成される寺院遺跡であり、1960年代に修復されている。

世界遺産情報

プラサット・バイ

カンボジア
宗派
ヒンドゥー教
登録区分
文化遺産
スタイル
クメール建築 バケン様式
登録名
アンコール遺跡