プランタジネット朝
13世紀ヘンルー2世とその子女ウィリアム,ヘンリー, リチャード, マチルダ, フェフリー, エレノア, ジョーン, ジョン Source Wikipedia ©Public Domain

ノルマン朝

ランカスター朝

Previous Post

プランタジネット朝 (A.D.1154〜A.D.1399) イングランド王国の王朝。ノルマン朝断絶の後を継いで、フランスのアンジュー伯アンリが1154年にイングランド王ヘンリー2世となり、1399年にリチャード2世が廃されるまで続いた。13世紀にマグナ・カルタの承認、モンフォール会議、模範議会の開催があり、議会制度の萌芽が見られた。14世紀には英仏百年戦争に突入し、フランス領土の拡張を目指したが、議会・貴族との対立を深め、ランカスター朝にかわった。

Previous Post