ヘーゲル
ヘーゲル(Jakob Schlesinger画/旧国立美術館蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

ヘーゲル

/

Previous Post

Next Post

ヘーゲル Georg Wilhelm Friedrich Hegel (A.D.1770〜A.D.1831) ドイツの哲学者でドイツ観念論の大成者。弁証法哲学を提唱し、世界を絶対者=精神の自己展開の過程ととらえ、絶対的観念論を説いた。弁証法哲学はヘーゲル死後、学派は分裂しながらも、左派を代表するフォイエルバッハの唯物論と結びついて、マルクスの弁証法唯物論に発展した。

Previous Post

Next Post