ホスロー1世 Khusro (不明〜579年)

ササン朝ペルシア帝国第21代君主、ササン朝最盛期の王(在任 531 〜 579 )。対外的には東ローマのユスティニアヌス大帝との戦いを有利に展開し、突厥と同盟してエフタルを滅ぼした。内政面では、マズダク教を弾圧し、一方で閉鎖されたアテネアカデメイアから逃れてきた学者を保護し、学問を奨励した。また経典『アヴェスター』を整理し、文字化したとされる。

ホスロー1世

ササン朝最盛期の王。対外的には東ローマのユスティニアヌス大帝との戦いを有利に展開し、突厥と同盟してエフタルを滅ぼした。内政面では、マズダク教を弾圧し、一方で閉鎖されたアテネのアカデメイアから逃れてきた学者を保護し、学問を奨励した。また経典『アヴェスター』を整理し、文字化したとされる。

¥946 (2021/07/27 09:29:09時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634033046

「不滅の魂をもつ者」と呼ばれた名君主

ペルシア王ホスロー1世は、ユスティニアヌスと長年にわたって攻防をくり広げた。西方の領土再征服を目指すユスティニアヌスは、532年ホスローと「永久平和条約」を結ぶ。ところが8年後、ホスローはこの条約を破棄、戦いを挑んだ。562年には再び50年に及ぶ和平条約が結ばれるが、ローマは多大な賠償を強いられる。勢いに乗ったペルシアは、シリア、東はバクトリアまで版図を拡大した。一方でホスローは ギリシア哲学を手厚く保護し、東ローマから多数のギリシア人学者が流入した。その結果、東西を融合させた独自のペルシア文化が花開いた。

5世紀頃の内陸アジア地図
5世紀頃の内陸アジア地図 ©世界の歴史まっぷ
ホスロー1世は、灌漑農業にも力を注ぎ、国土繁栄にも勤しんだ。
¥2,640 (2021/07/27 09:35:14時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4418122362

栄華を極めた賢王

イラン・ササン朝21代の王。財政強化、運河・道路の整備、文化の移入に努めた。

¥3,430 (2021/07/27 09:33:51時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4791620615

オリエントと地中海世界

古代オリエント世界

ササン朝

5世紀から6世紀にかけて、中央アジアの遊牧民エフタル族の侵入と、原始共産主義的思想を説くマズダク教の流行で、国家と社会は混乱した。

これを収拾したのがササン朝最大の英主といわれるホスロー1世である。ホスロー1世は東ローマ帝国ユスティニアヌスと対抗して西方での戦いを優勢に進める一方で、トルコ系遊牧民の突厥と同盟を組んで、エフタルを挟撃して滅ぼした。またマズダク教を弾圧し、税制・軍制の改革や官僚制の整備といった内政にも力を注いだので、国力は回復しササン朝は最盛期を迎えるにいたった。
突厥 6世紀末の内陸アジア地図 ササン朝
6世紀末の内陸アジア ©世界の歴史まっぷ

ホスロー1世の死後、一時分裂状態に陥ったササン朝であったが、ホスロー2世という征服者の出現によって、その領域は最大になった。

内陸アジア世界の変遷

遊牧民とオアシス民の活動

内陸アジアの新動向

突厥ははじめ柔然に服属していたが、優れた製鉄技術(アルタイ山脈は鉄鉱の産地であった)や「草原の道」の交易の利によって力を蓄え、木汗可汗ぼくかんかがんのとき柔然を滅ぼし(555)、ササン朝のホスロー1世と結んでエフタルを滅ぼして(567)、モンゴル高原からカスピ海にいたる大帝国を樹立した。

ヨーロッパ世界の形成と発展

東ヨーロッパ世界の成立

初期ビザンツ帝国

東方では540年以降ササン朝のホスロー1世と戦って地中海の制海権を確保するなど、一時地中海帝国の再現に成功した。

  • 東方では540年以降ササン朝のホスロー1世と戦って地中海の制海権を確保するなど、一時地中海帝国の再現に成功した。
¥2,750 (2021/07/27 09:27:11時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634030888
広告