ボロブドゥール遺跡 11世紀の東アジア地図
ボロブドゥール遺跡 photo credit: G · RTM Stupa bokeh, Central-Java, 20160919 via photopin (license)

ボロブドゥール遺跡 ジャワ島のボロブドゥールの仏教寺院群は、シャイレンドラ朝時代の8〜9世紀頃に築かれた世界最大規模の仏教遺跡ボロブドゥール寺院と関連寺院群からなる。 自然の丘を生かして築かれたピラミッド状のボロブドゥール寺院は、下から順に約115m四方の基壇、5層の方形壇、3層の円形壇が重なった構造をもつ。これは大乗仏教の宇宙観である「三界」を表現していると考えられている。頂上には釣り鐘形のストゥーパがそびえ、立体曼荼羅といった様相を呈する。

世界遺産情報

ボロブドゥール遺跡

インドネシア
宗派
大乗仏教
ウェブサイト
http://whc.unesco.org/en/list/592/
登録区分
文化遺産
登録名
ボロブドゥールの仏教寺院群