ポンヌフ
ポンヌフ Tableau inspiré du dessin approuvé par Henri III en 1577 pour le Pont-Neuf, premier pont parisien conçu sans maisons. L’ouvrage final, terminé seulement en 1606 à la suite des troubles de la Ligue, s’inspire fortement de ce projet en suivant toutefois un parti décoratif plus simple. Wikipedia

ポンヌフ

ポンヌフ (仏: Pont Neuf) ポンヌフ(新しい橋の意)は、フランスの首都パリのセーヌ川に架かる橋で、シテ島の先端を横切る2つの短い橋であるが、2つ合わせて1の橋と考える。16世紀から17世紀にかけてアンリ4世(フランス王)の治世に建造された。パリに現存する最古の橋。