マグナ・カルタ
マグナ・カルタの認証付写本 ©Public Domain

マグナ・カルタ

/

マグナ・カルタ 1215年6月15日、ジョン(イングランド王)はロンドン西方のラニーミードで貴族と会見し、彼らの要求をのみ、大憲章として発布した。内容は、教会の自由、封建的負担の制限、国王役人の職権乱用防止、ロンドンその他の都市の特権、通商の自由、度量衡の統一など多岐にわたる。近世になって63ヶ条に整理されたが、元々は貴族や市民などの権利を書き並べたものに過ぎず、法典としての体系世は見られない。その意味で、大憲章は封建的慣習・特権を国王に再認識させ、国王の専横に歯止めをかけようとしたものと捉えることができる。しかし、法の支配を明文化した点で高く評価され、イギリス立法政治の基礎をなした。