マリー・ド・メディシスの生涯 マルセイユ上陸
マリー・ド・メディシスの生涯 マルセイユ上陸(ピーテル・パウル・ルーベンス画/ルーヴル美術館蔵)

マリー・ド・メディシスの生涯 マルセイユ上陸


イタリアのトスカーナ大公フランチェスコ1世・デ・メディチの娘マリー・ド・メディシスがアンリ4世(フランス王)に嫁ぐため、マルセイユ港に上陸した史実を、神話のように壮大な演出で描いた。左上にメディチ家の紋章、左下には警護する海の神ネプチューンとトリトン、王妃の足下には到着を喜ぶ3人の海の精ネレイス。

広告