マリ=アントワネット
マリ=アントワネットと薔薇(エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン画/ヴェルサイユ宮殿蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

マリ=アントワネット

マリ=アントワネット Marie Antoinette (A.D.1755〜A.D.1793) ルイ16世(フランス王)の妃。ハプスブルク家のフランツ1世(神聖ローマ皇帝)とオーストリア女帝マリア・テレジアの4女。軽率、浪費家で、国民の反感を買った。フランス革命が起こると旧体制の維持に努め外国勢力と秘密交渉を進めた。民衆のベルサイユ行進でパリに移され、バレンヌ逃亡事件で逃亡に失敗。1792年8月の王権停止後タンプル塔に幽閉された。ルイ16世の処刑後、パリ裁判所付属監獄に移送され、1793年10月ギロチンにかけられ処刑された。