マルヌの戦い
1914年9月に撮影された第一次世界大戦中のマルヌの戦いでの前面のドイツ兵士(WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

マルヌの戦い (第一次世界大戦 > 西部戦線)(1914.9.5〜12)

仏英軍がパリ東方のマルヌ川でドイツ軍の進撃をくいとめ、短期決戦作戦(シュリーフェン計画)を挫折させた戦い。西部戦線は膠着し、一進一退の塹壕戦となった。