ムハンマド=アリー
ムハンマド=アリー(オーギュスト・クーデル画/ヴェルサイユ宮殿蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

ムハンマド=アリー Muhammad ʿAlī (A.D.1769〜A.D.1849) スンナ派。オスマン帝国のエジプト総督で、ムハンマド=アリー朝の創始者。ナポレオンのエジプト遠征に抵抗し、1805年にオスマン帝国からエジプト総督に任命され、18年にはオスマン帝国の要請でワッハーブ王国を滅ぼした。近代化政策を推進し、ギリシア独立戦争でオスマン帝国を支援した代償にシリアを要求した。2度のエジプト=トルコ戦争でエジプト総督の世襲権を認められたが、ヨーロッパ列強の干渉も招いた。