ムラービト朝 ルーム・セルジューク朝 ムラービト朝 ガズナ朝 11世紀後半のイスラーム世界地図
11世紀後半のイスラーム世界地図 ©世界の歴史まっぷ

後ウマイヤ朝

ズィール朝

ムワッヒド朝

ムラービト朝 (A.D.1056〜A.D.1147) 西サハラのベルベル人修道士(ムラービト)がイスラーム宗教運動をおこし、北アフリカに建国。ジハード(聖戦)を唱えて南下し、1076年ガーナ王国を滅ぼしスーダンのイスラーム化を積極的に推し進めた。首都マラケシュを建設しイベリア半島にも進出。先進的なイスラームの建築技術や学問を北アフリカにもたらした。アッバース朝カリフの権威を承認し、スンナ派信仰によって国内の統一をはかったが、1147年ムワッヒド朝に滅ぼされた。