モエンジョ=ダーロ
モヘンジョダロの遺跡群 ©UNESCO

モエンジョ=ダーロ

Previous Post

モエンジョ=ダーロ (紀元前2300年〜紀元前1800年頃) パキスタン南部のインダス川下流域に位置するインダス文明(紀元前2300年〜紀元前1800年頃)最大の都市遺跡である。モエンジョ=ダーロは「死者の丘」を意味する言葉で、この地で多数の人骨が発見されたことからその名がついた。遺跡は約1.6㎞四方の規模で、西側の城塞地区と、東側の市外地区に分けられる。世界遺産「モヘンジョ・ダーロの遺跡群」に登録されている。

世界遺産情報

モエンジョ=ダーロ

パキスタン
登録日
1980年
ウェブサイト
http://whc.unesco.org/en/list/138/
登録区分
文化遺産
登録名
モヘンジョ・ダーロの遺跡群
その他
(2) (3)
Previous Post