モンゴルのグルジア侵攻 対金戦争 モンゴルのルーシ侵攻 チンギス=ハンの西征
1223年のモンゴル帝国のルーシ侵入

モンゴルのルーシ侵攻 1223年のカルカ河畔の戦いに始まり、1236年のバトゥの西征で本格化する、ルーシ諸国に対するモンゴル帝国の征服戦争である。 一連のキプチャク草原の戦闘によって西ヨーロッパのキリスト教諸国の間に「タタール」の名が広まった。