ラシードゥッディーン イラン・イスラーム文化
『修史』の「インド史」に描かれた仏陀。悪魔に果物を差し出している。©Public Domain

ラシードゥッディーン( A.D.1249〜A.D.1318)

イルハン国の従医となり、ガザン・ハンの抜擢で宰相となる。モンゴル王朝の統治をイランになじませることに成功するが、宮廷内の陰謀で息子とともに虐殺された。歴史書『修史』の編纂でも有名。

ラシードゥッディーン

イルハン国の発展に寄与

イルハン国の従医となり、ガザン・ハンの抜擢で宰相となる。モンゴル王朝の統治をイランになじませることに成功するが、宮廷内の陰謀で息子とともに虐殺された。歴史書『修史』の編纂でも有名。

ラシードゥッディーン
『修史』の「インド史」に描かれた仏陀。悪魔に果物を差し出している。©Public Domain

ガザン・ハンによりラシードゥッディーンに命じられていた歴史書『修史』の編纂はオルジェイトゥの治世に完成、捧呈された。モンゴル史、世界史、地誌の3巻からなる貴重な資料である。

created by Rinker
¥3,577 (2022/11/28 22:09:25時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4791620615

世界の記憶

ユネスコの「世界の記憶」に2007年登録された「ラシード区ワクフ文書補遺写本作成指示書」の大部分(382ページ中の最初の290ページ)を著作している。

参考 Wikipedia

広告