ラテン帝国 十字軍の影響 十字軍の遠征路とラテン帝国地図
十字軍の遠征路とラテン帝国地図 ©世界の歴史まっぷ

東ローマ帝国コムネノス朝

ニカイア帝国

東ローマ帝国パレオロゴス朝

ラテン帝国 (ロマニア帝国 A.D.1204〜A.D.1261) 1204年、ヴェネツィアと第4回十字軍がビザンツ帝国の首都コンスタンチノープルを占領し、建てられた十字軍国家。ビザンツ帝国の亡命政権のひとつニカイア帝国のミカエル・パレオロゴスがジェノヴァの協力を得て1261年にコンスタンチノープルを奪還し、ビザンツ帝国が復活した(パレオロゴス王朝)。