ラファエロ・サンティ
自画像(ラファエロ・サンティ画/ウフィツィ美術館蔵)©Public Domain

ラファエロ

/ /

ラファエロ (A.D.1483〜A.D.1520) ラファエロ・サンティは、イタリア・ルネサンスを代表する画家。レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロとともに盛期ルネサンスの三大巨匠に数えられる、ヴァチカン宮殿の宮廷画家。サン・ピエトロ大聖堂の改築にもたずさわるが「キリストの変容」を製作途中、37歳で病死した古代ギリシア精神を受け継いだ夭折の天才。