リグ=ヴェーダ
リグ=ヴェーダ ©Public Domain

リグ=ヴェーダ 神々への讃歌1028を集めたインド最古の文献。紀元前1500年頃、インド・ヨーロッパ語系の牧畜民であるアーリヤ人が、先住民を征服してパンジャーブ地方に定住し、前1000年頃までに成立した、火や雷など自然神を崇拝した賛歌集。バラモン教の聖典のひとつとなる。『リグ=ヴェーダ』に歌われた時代は前期ヴェーダ時代(紀元前1500年頃〜紀元前1000年頃)と呼ばれる。