リチャード2世(イングランド王)
リチャード2世(イングランド王)©Public domain

リチャード2世(イングランド王)

リチャード2世(イングランド王) (1367年1月6日〜1400年2月14日)。

プランタジネット朝最後のイングランド王(在位:1377年6月22日 – 1399年9月29日)。(Richard II)

リチャード2世(イングランド王)

生涯

出生

リチャード2世は、エドワード3世の長男エドワード黒太子とその妃ジョーン・オブ・ケントの間に次男としてボルドーにおいて誕生した。

即位

兄エドワードが1372年に7歳で、続いて1376年に父が死去したためコーンウォール公に叙され、祖父エドワード3世の王太子に指名された。1377年6月21日に祖父が死去すると10歳で王位を継承し、叔父のケンブリッジ伯(後にヨーク公)エドマンド・オブ・ラングリーが摂政に立った。

リチャード2世(イングランド王)
プランタジネット朝 リチャード2世

ワット・タイラーの乱

1380年に新政権は百年戦争による膨大な戦費調達のため人頭税の導入を図るが、これは上層に軽く下層に重い税制であった。1381年6月、増税に反対する下層階級の農民と労働者が、ウェセックスの煉瓦工ワット・タイラーに率いられて反乱を起すと、リチャード2世はタイラーとの面会に応じた。リチャード2世はタイラーの要求事項に回答を約束したが、翌日、ロンドン市長が面会に現れたタイラーを刺殺し、指導者を失った反乱は鎮圧された(ワット・タイラーの乱)。

宮廷闘争

幼いリチャード2世の宮廷では、エドワード3世(イングランド王)時代から政権を司ってきた叔父のランカスター公ジョン・オブ・ゴーント(ヨーク公の兄)の発言権が強く、彼自身も密かにイングランド王位への野望を抱いていた。
1383年に親政を開始したリチャード2世は側近のサフォーク伯マイケル・ドゥ・ラ・ポールやオックスフォード伯ロバート・ド・ヴィアーらを重用した。さらにランカスター公に対抗するため、この時点で後継男子を得ていなかったリチャード2世は、叔父でランカスター公の兄ライオネル・オブ・アントワープの外孫である従甥のマーチ伯ロジャー・モーティマーを王位継承者に指名する(しかし、ロジャーは1398年に死去する)。

1386年に宮廷闘争が発生して、ノッティンガム伯トマス・モウブレーや叔父のグロスター公トマス・オブ・ウッドストック(ランカスター公とヨーク公の弟)らが側近の追放を要求するとこれに応じたが、その後事態が沈静化するのを見て、1397年にグロスター公らを逮捕し、その一貫性のない裁定が信望を失わせた。

ランカスター公が1399年に死去したのを機会に、その息子で従弟のヘンリー・ボリングブロク(後のヘンリー4世(イングランド王))に対して、広大なランカスター公領の没収と追放を命じた。しかし、7月にボリングブロクが兵を挙げると、リチャード2世に失望していた諸侯や有力者の多くがこれに合流した。翌8月にアイルランド遠征から帰途にあったリチャード2世は、ウェールズとの国境付近で優勢なボリングブロク軍に呆気なく降伏して捕らわれ、ロンドン塔に幽閉されて9月28日に開かれた議会で正式に廃位された。

ボリングブロクはヘンリー4世としてイングランド王に即位し、ランカスター朝を開いた。退位したリチャードは身柄を各地に移され、1400年2月14日にヨーク南西のポンティフラクト城で33歳で死去した。リチャードは前王の尊厳を奪われ、過酷な処遇を受けて餓死させられたと伝えられている。

リチャード2世が登場する作品

ホロウ・クラウン/嘆きの王冠 – リチャード二世 リチャード2世
リチャード2世 「ホロウ・クラウン/嘆きの王冠」 ©2012 Carnival Film & Television Limited ALL RIGHTS RESERVED

ホロウ・クラウン/嘆きの王冠 – リチャード二世 – 世界の歴史まっぷ

DVD
created by Rinker
¥759 (2021/06/22 04:47:32時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: B007P3Q95K
広告