リリウオカラニ
リリウオカラニ (WIKIMEDIA COMMONS ©Public Domain

カラカウア

リリウオカラニ Liliuokalani (A.D.1838〜A.D.1917) ハワイ王国最後の女王(在位1891〜1893)。1891年にハワイ王朝の権威復活をめざして新憲法を発布するが、93年の親アメリカ系白人のクーデタで退位を余儀なくされ、カメハメハ朝は滅んだ。代表的なハワイ民謡「アロハオエ」の作詞者でもある。