ルノー・ド・シャティヨン
「キングダム・オブ・ヘブン」 ルノー・ド・シャティヨン 役

ルノー・ド・シャティヨン

/

Previous Post

ルノー・ド・シャティヨン (Renaud de Châtillon)  (1125年頃-1187年7月4日)。 フランスの騎士。1147年に第2回十字軍に参加し、1153年にアンティオキア公国のコンスタンス女公と結婚し、アンティオキア公となる。 ヒッティーンの戦いで捕らえられ、サラーフッディーン自ら彼を処刑したといわれる[下記参照]。対イスラム強硬派としてキリスト教穏健派、イスラーム徒両方から嫌われた。

Previous Post