ロベスピエール
マクシミリアン・ロベスピエール(作者不明/カルナヴァレ博物館蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

ロベスピエール Robespierre (A.D.1758〜A.D.1794) フランス革命恐怖政治期(1793~94)のモンターニュ派(山岳党)の指導者。立法議会ではジロンド派の開戦論に反対し、山岳派の指導者となってサンキュロットと同盟、93年6月国民公会からジロンド派を追放しジャコバン派独裁を樹立。公安委員会の一員となって恐怖政治を行なった。テルミドールのクーデタで国民公会に逮捕・処刑された。